保険営業(保険代理店)を辞めたい時は「辛い事」「辛い理由」を考えてみよう!

スポンサーリンク

保険代理店で訪問型の保険営業を始めて間もない方の中には、仕事がつらく、辞めたいと考える方も多いでしょう。

そういった方には、「保険の仕事がつらい理由・原因」を分析してもらいたいです。

仕事は続けることだけが「正義」ではありませんので、その理由・原因を分析した上で、それが頑張っても改善できないことなのであれば、保険営業を辞めるという選択肢も正しいと思います。

逆に、その理由・原因を分析した上で、

・頑張れば改善できそう

・続ける価値がある

と、思えるのであれば、保険営業は続けることが出来れば本当に良い職業だと思いますので、頑張ってもらいたいなと思います。

保険営業の成績が悪くて辞めたい方は

「営業成績が上がらなくて辛い」というシンプルな理由が最も多いでしょう。

ただ、この理由だけであれば、もう少し仕事を続けても良いかもしれません。

なぜならば、そもそも保険というものは、簡単に売れるものではないからです。

私は前職で医療機器メーカーの営業をしていましたが、その時の社長が次のようなことを口癖のように言っていました。

「医療機器の営業なんて簡単だろ。目に見えるものを売るのだから。保険の営業マンを見てみろ。目に見えないものを売らなければいけないのだ。それほど大変なことはない」

当時は、自分が将来保険営業マンになるなど思ってもいませんでしたので、聞き流していましたが、この業界に入って社長が言っていた言葉を思い出したものです。

私の場合、その言葉をやる気に変えることができました。

「皆が難しいと思っていることで成功できたらすごいと思ってもらえるのでは・・・」

このように感じ保険の営業を頑張れたものです。当時の社長、ありがとうございます。

・保険営業はそもそも難しく、攻略するのに時間がかかる

保険は簡単に売れるものではありませんが、試行錯誤を繰り返すなかで自然と売れるようになっているものです。

保険が売れるようになる前に辞める人が多いので「保険営業は難しい」となるのですが、そのステージを越えて保険を日々売っている人は「保険営業は難しい」なんてことは考えもしないものです。

その位置に来るまで頑張ってもらいたいものです。

もちろん、精神的に限界であれば無理は禁物です。

その時は、誰に遠慮をすることもなく、仕事をやめましょう。

転職サイトなどには、高収入×未経験のお仕事がたくさんありますので、この機会に、自分に合う職種について考えましょう。

保険営業の手法が辛くて辞めたい方は

来店型の保険ショップであれば、元々『夫婦で生命保険に加入したい』など、保険サービスに興味がある方に対して営業することがほとんどです。

対して、訪問型の保険営業の場合、

・テレアポ

・飛び込み

・ポスティング

・DM

などの方法で、現状、保険に興味がない方にまでアプローチをしなければなりません。

しかも、地味でしんどい作業であるだけでなく、怒られることもたくさんありますので、とにかく憂鬱な気分になりやすいです。

しかし、実際のところ、テレアポや飛び込みを毎日、毎日必死でやらなければいけないのは、最初の2~3年くらいであるケースが多いでしょう。

ですので、テレアポや飛び込みが苦痛な方は、

・2~3年を我慢して高収入を得たいのか

・2~3年は長すぎるので我慢できないのか

について、考えてみましょう。

2~3年後に必ず、一攫千金が待っているわけではありませんが、最初の2~3年をテレアポ・飛び込み・ポスティング・DMなどを使って、コツコツと頑張ったものだけが保険営業の世界で一攫千金を手に入れることが出来ます。

もちろん、精神的に限界であれば無理は禁物ですが、2~3年我慢をしてでも保険営業で稼ぎたいという気持ちがまだ残っているのであれば、頑張りましょう。

逆に「2~3年も我慢出来ない」「テレアポ・飛び込みなどはもう無理だ」という方は、転職サイトなどにも、「テレアポ・飛び込み・ノルマなし」と書かれた案件はたくさんありますので、探してみましょう。

知人に営業するのが辛くて辞めたい方は

保険代理店で訪問型の保険営業の場合、最初は、友達、先輩・後輩、親戚、知人に対して「保険に入ってくれない?切り替えてくれない?」と、勧誘をしなければいけないケースもあるでしょう。

たしかにこれは嫌ですよね。

ただし、これも最初だけです!

しかも、無理にする必要はありません。

「知り合いに営業するのが辛い」という理由だけで、せっかく入った保険営業の世界から退場するのはもったいない気がしますね。

関連記事⇒・保険営業で友達を勧誘するのはあり?なし?

事故が不安なので辞めたい方は

「事故が起こった時、自分が設計した保険で本当にお客様を守ることができるのか」という不安で、保険の仕事が辛くなる人が意外と多いです。

特に誠実で真面目な方に多い悩みですね。

どんな事故にも対応できるよう、すべての特約をお客様に付けることができれば良いのですが、特約を付けると保険料が上がりますので、そうはいきません。

「数千万円もの損害が発生する事故に、万一保険で対応できなかったら・・・」そう考えると、保険営業マンは不安になりしんどくなるというのは良く理解できます。

解決策は2つあります。

・商品知識をつけるため、日々勉強する

・契約時にお客様にしっかり確認・記録も残す

「〇〇〇ような事故に対応するためには、△△△の特約を付けておかなければいけない」という商品知識は自身で勉強するしかありません。

不明点が出てくれば保険会社に聞く、この繰り返しで知識を増していくしかないでしょう。

そして、お客様とのやり取りを細かく記録しておくことも重要です。

お客様を信用しないというわけではないですが、将来事故が起き、ある特約を付けていなかったために保険金が支払われなかった場合、お客様が「その特約の話は聞いたことがない。なぜ必要だと言ってくれなかった」と目の色を変えて迫ってくることは想定しておくべきです。

契約の際に説明していたとしても、お客様がそのことを忘れているというのは特別珍しいことではありません。

その時に、やり取りをした記録があれば自分の身を守ることができます。

お客様との契約の中で将来トラブルになる可能性のある部分については、お客様がどのような判断をされたのかノート等に記録しておくことが重要でしょう。

・商品知識をつけるため、日々勉強する

・契約時にお客様にしっかり確認・記録も残す

これらを行うことにより、あなたの悩みが解決しそうな場合は、是非、保険営業のお仕事を続けてもらいたいです。

「事故が起こった時が不安」と思うような誠実な方には、ぜひ頑張って欲しいですね。

もちろん、「そんな細かいことは出来ない」「勉強ばかりの毎日は辛い」という方は、別の道を探してみることをおススメします。

どうしても辞めたい場合は?

なぜ、保険の仕事がつらいのか分析した上で、それを乗り越えられるかどうかを考えてみるという作業は、忙しい毎日の中で中々出来ないものです。

机に向かって、ゆっくりとそういった「問い」と向き合い、「解決策」を考えていくことで、続けていく道が開かれるかもしれません。

ただじっくり考えた上で、どうしても自分で乗り越えることが出来ないのであれば、違う仕事を探してみましょう。

前述の通り、精神的に限界であれば無理は禁物です。

そして、転職自体は決して悪いことではありません。

転職サイトには、「テレアポなし」「飛び込みなし」「ノルマなし」「残業なし」といった求人情報がたくさんあります。

厳しい環境が必ずしも良いわけではありませんので、どうしても保険営業が辛い方は、恥ずかしがらずに、転職活動をされることをおススメします。

【関連記事】

保険代理店は今後どうなる?

どんな性格の営業マンが多い?保険営業で成功する人の特徴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク