保険代理店とは何か?保険業界で働きたい方向けに解説!

スポンサーリンク

「保険代理店とは何か?」

今回は、保険代理店で働いてみたいけど、実態について深く知らないという方のために、保険代理店について詳しく解説してみます。

どんな仕事をするのか

契約手続き

保険代理店の仕事はお客様にとって必要な保険をプランニングし、提案し、そして契約手続きを行うことです。

保険会社は保険商品を開発するメーカーであり、代理店はそれらの商品を取り扱うディーラーということになります。

保険会社には社員がたくさんいますが、それらの社員はお客様と直接手続きすることはありません。

お客様と面談し契約手続きを行うのは代理店の社員であり、それが代理店の仕事となっています。

新規営業

保険代理店として看板を出しているだけでお客様がどんどん増えればよいのですが、なかなかそうはいかないので、代理店の社員は営業活動をしなければなりません。

営業手法としては飛び込み、テレアポ、DM、ポスティングなどが一般的ではないでしょうか。

法人をターゲットにして営業することもあれば、個人をターゲットにすることもあるでしょう。

いずれにせよ新規契約を獲得するための営業活動は代理店の重要な仕事になってきます。

更新、保守

自動車保険や傷害保険などの損害保険では契約期間が1年間となっていることが一般的です。

そのため、契約したお客様のところに1年後に訪問し、保険契約の更新手続きをすることになります。

お客様の数が増えてくるとこの更新手続きが仕事のメインになってきます。

また、お客様から名義変更や解約の申し入れがあると、お客様と面談し手続きを行うことになります。

これらのお客様の保守・管理も代理店の大切な仕事になってきます。

事故対応

お客様から事故の連絡が入ると、事故対応を行うことになります。

事故の詳細(いつ、どこで、だれが、どうした、等)を保険会社に連絡したり、保険会社が保険金を支払ううえでお客様が準備しないといけない書類をお客様に伝えたりします。

保険契約はお客様と保険会社との契約であり、保険金を支払うのは保険会社ですが、お客様と保険会社の間に入り、保険金がスムーズに支払われるようリードすることは代理店の仕事になるでしょう。

どこまで事故対応に関わるのかは代理店の方針によりますが、お客様から事故の連絡が入ると直ちに事故現場まで駆け付けるような代理店もあります。

代理店の競争に勝ち残るため事故対応力を売りにしている代理店もあり、そのような代理店では事故現場に足を運ぶことも仕事のひとつになっているのです。

ここまで読んで、「保険業界は厳しすぎる」と感じる方は、他のもう少し楽なお仕事を探した方が良いかと思います。

来店型と訪問型の違い

保険代理店には大きく分けると来店型と訪問型があります。

来店型とは保険ショップとよばれる店を構え、お客様の来店を待つ代理店のことです。

保険ショップは駅前のテナントや大きなショッピングセンターの中にあることが多いので、一度は見られたことがあるのではないでしょうか。

訪問型とは代理店としての事務所はありますが、基本的にはお客様の来店は想定しておらず、お客様のところに足を運ぶ代理店のことをいいます。

お客様が保険を検討する際、かつては知人に紹介してもらった代理店に相談したりしていましたが、今では保険ショップに足を運び相談する人が増えてきているのではないでしょうか。

給料について

保険業界、特に営業は、頑張れば、リターン(報酬)が大きい世界です。

給料については、いくつか詳細記事を投稿しています。

参考に、読んでみてください。

※詳しくは↓↓

保険代理店の年収「完全歩合制の社員」「開業を目指す研修生」の一般的な収入計算方式は?

【例】保険代理店で独立開業した社長の年収は?年商は?

お客さんにとってのメリット・デメリット

来店型のメリット・デメリット

来店型の代理店ではさまざまな保険会社の商品を扱っていることが多いです。

そのため、お客様が医療保険はA社で、がん保険はB社でと決めているのであれば、来店型に相談すればよいでしょう。

ただ、取り扱う保険会社の数が多すぎると、ある商品によっては勉強不足となるものもあり、商品知識が乏しい営業マンから説明を受けるケースもあるので、そのあたりの見極めは必要だと思います。

訪問型のメリット・デメリット

訪問型の代理店では1社の保険会社の商品を専属で取り扱っているケースが多いと思います。

保険会社では自動車保険、火災保険、傷害保険などほぼすべての種目を販売しているので、1社の保険会社だけを取り扱いしている代理店であっても、お客様の悩みは解消され何の問題もありません。

1社の保険会社の商品だけを勉強しているので、営業マンが高い商品知識を持っていることが多いです。

このあたりが訪問型代理店に相談することのメリットではないでしょうか。

ただ、お客様のニーズに合う商品がないこともあり、その場合お客様はまた別の代理店に相談しなければならなくなるので、そのあたりはデメリットになるでしょう。

将来性

いまやインターネットで加入できる保険が開発されたり、若者の車離れにより自動車保険の契約数が減っていくことが予想されたり、代理店の将来性は明るいものではありません。

ただ、代理店の店主の年齢が高齢化し、代理店で働く若い世代が少なくなっていますので、これから代理店で活躍を目指す人にとっては、チャンスとも言えます。

代理店の店主や営業マンが高齢により引退するということは、その代理店のお客様は若い世代の代理店に引き継がれることになるということです。

若い世代の人は、引退する代理店から離れるお客様の受け皿になるチャンスがあるということです。

自分のお客様が増えれば増えるほど収入が増える業界ですので、このような話は決して悪いものではないでしょう。

※開業希望の方は↓↓

【実例】保険代理店 独立時に開業資金はいくらかかった?(備品・事務所賃貸・各種保険)

保険代理店の買収・合併の背景は?メリット・デメリットとは

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク