保険代理店(保険営業)で成功する人の共通する特徴とは?

スポンサーリンク

今回は、保険代理店(訪問型の保険営業)で成功を収める人の特徴について解説します。

私のまわりにも、保険代理店の保険営業で成功し稼いでいる同僚や先輩がたくさんいますので、その人たちに共通する特徴についてを書いてみたいと思います。

とにかく性格が明るい

保険代理店の保険営業で成功している人に共通する特徴は、とにもかくにも性格が明るいということです。

よくしゃべる人やあまりしゃべらない人などタイプは様々ですが、いずれにせよ常に笑顔で、楽しそうにしている、明るい印象の営業マンが多いように思います。

保険営業マンとしてたくさんの人と接するわけですから、笑顔もなく暗い表情ではあまり保険は売れないですよね。

入ってみると分かるのですが、思った以上に笑顔や明るさが重要な職業ですので、その点に自信がないという方は、ご自身に合った別の職業を選ばれた方が良いと思います。

コツコツと努力!継続性がある

来店型の保険ショップと違い、訪問型の保険代理店の場合、営業マンは保険を売るためには、日々、地味な営業活動をしなければなりません。

飛び込み、テレアポ、ポスティング・・・

営業の手法はさまざまですが、いずれにせよ継続性が重要です。

始めて1か月後の成果にはそれほど差は生まれないかもしれませんが、半年後、1年後の成果には確実な差ができていると思います。

このあたりはスポーツにも似ていると思っています。

「今日から毎日3キロ走るぞ」と目標をたてたとしても、毎日まじめに継続できる人と三日坊主で終わってしまう人との成果には差がでるのではないでしょうか。

営業も同じで、目標設定した行動件数をコツコツ継続できる人とそうでない人の間には、数か月後の成果に必ず差が生まれます。

・営業力

・頭の良さ

こういったことも重要かもしれませんが、保険代理店での保険営業の場合は、それ以上にコツコツ地味な仕事をこなせる継続力が重要です。

一攫千金を実現した保険営業マンも、最初の数年は、コツコツと「飛び込み」「テレアポ」「ポスティング」を頑張っていたということですね。

逆に、コツコツと努力をする厳しい環境が苦手な方は、転職サイトなどでノルマなしのお仕事を探すと良いでしょう。

収入に対する意識が高い

収入に対する意識が高いとは、簡単に言うと「稼ぎたい」という気持ちが強いということです。

保険代理店の営業マンは他業種からの転職者が多いのですが、転職した理由は「もっと稼ぎたい」「一獲千金狙いたい」という人が多いように思います。

保険営業マンは独立開業をしていない人でも、ある意味個人事業主のようなところがありますので、成果をあげればあげるほど自分の収入に反映されます。

一般的な会社員でも成果を上げれば翌年に昇格したりボーナスが増えたり収入に反映されるとは思いますが、保険営業マンの収入への反映の仕方はかなりストレートです。

保険営業マンは売った保険に対する手数料を収入としているのですが、その手数料は売った翌月に入ってくることが一般的です。

大きな契約が決まったりすると、翌月の収入が前月より数十万円も多いというような話はよくあることです。

保険は営業職の中で「売るのが難しい」と言われている商材のひとつです。

その保険を売って、成功を勝ち取ろうというのですから、「稼ぎたい」という気持ちが人より強くなければ保険営業マンとしてやっていけないでしょう。

安定志向の方は、保険営業の世界を目指さない方が良いですね。

※保険代理店 関連記事↓↓

保険代理店の年収について 完全歩合制の場合の一般的な計算式は?

保険代理店は今後どうなる?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク